【不動産取引】指値交渉に強気対応!満額で押し切る!(実録)

不動産投資
この記事は約4分で読めます。
大家の中居
大家の中居

こんにちは。サラリーマン大家の中居です。

株、不動産、ブログで副業してます☆★☆

こないだ、売りに出した物件に指値で買付入りましたが、結局強気に押し返して満額で成立しました。

不動産売買の経験って、一般の人だと人生で1〜2回のあるかの大きなイベントだと思います。

不慣れなことですし、買い手からすると。

出来るだけ安く買いたい!

でも指値(値引き)ってどれくらい入れても大丈夫???

売り手からすると。

できるだけ高く売りたい!

でもどこまで指値要求を押し返すべき???

一般の人(売り手)は、問い合わせが少ないと不安にもなりますし、指値の対応は難しいさじ加減だと思います。

しかし、微妙なさじ加減でも50万、100万と金額変わることあるので、不動産取引の1つの参考になればと思い、僕の今回の取引の詳細を投稿しようと思いました。

まず初めに、他の投稿で物件を売る際は、一般媒介契約を2社以上頼んで、両手取引を狙うために1社で物件の抱え込みを予防するべきだと書きました。

実際に今回の売却では一般媒介契約をA社B社の2社にお願いしてました。

大家の中居
大家の中居

ほぼ指値に応じないし、売り急いでないから、よろぴく♬笑笑

そして、レインズ掲載から1週間も経たないうちにA社から

『弊社で既にお付き合いのある方から350万円→300万円の問い合わせありましたが、私から再考お願いして、330万円で買付証明書もらいました。』

中古物件で指値ガッツリ入ることは、よくあることなので、再考して6%値引きなので、悪くはない条件でしたが。。。

A社への僕の返答は。

大家の中居
大家の中居

いや〜すごく反響良くて、B社でも問い合わせが複数あって、これは満額の早い者勝ちですね。【嘘】【うそ】【はったり】

問い合わせなんか、他に一件も来てないけど。笑笑。

そして、3時間後には、A社から満額でお願いしますと連絡来ました♬

小さな嘘が20万円の効果発揮しました☆

やっぱり、一般媒介契約で複数社に依頼してると、こういう交渉術も可能なのでおすすめします。

早期に満額で申し込みになったのは、単に価格設定が安すぎたのでは???

そういう風に思われる方もいると思います。

しかし、この物件は高齢化の進むエリアで築37年でキッチンは1回もリフォームしてないので、いつ壊れてもおかしくない上に。

昭和の建築様式で基礎が古いスタイルなので、配管周りトラブルは厄介なことになります

昨年は漏水メーター回って、8万ほどの出費で済んだのは不幸中の幸いでした。

出来たら冬までに売りたいのが本音だったので、早く売れて良かったです♬

入居者に退去された後では苦しい展開。

賃貸契約を更新した翌月の今なら印象良いので。

いつまでも売れずに残っていると、満額で売れる可能性はどんどん下がる持論です。

話を戻してまとめると

不動産売買は心理戦。買い主は問い合わせ、現地視察、担当者とヒヤリングと、時間と労力を費やして、既に物件を買いたい気持ちけっこう生まれてます。指値交渉きても、嘘の情報を匂わして焦らせれば、満額での買付につながる可能性はある。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いつも読んでくれて、ありがとうございます☆

にほんブログ村ランキングに挑戦中です。

下のボタンを押してもらえると、とても励みになります♬

より多くの人にブログを見てもらえる機会が増えます。

大家の中居
大家の中居

みなさんの1押し、応援よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました