【逆イールド発生】次のリセッションに備えてCPバランスを高める!

資産運用アイデア
この記事は約3分で読めます。
大家の中居
大家の中居

こんにちは。サラリーマン大家の中居です。

本業はJRA調教助手してます🏇

株、投資信託、不動産、ブログで副業してます★☆★☆

資産運用初心者向けに、優良な投資信託を楽天証券でノーロードで毎週積立して行こう♬と伝えてきました。

嬉しいことに、毎週買っている投資信託【楽天VTI、グローバル33分法ファンド、野村インデックスファンド米国株式配当貴族】は堅調な値上がりを見せています☆

楽天証券 マイページより⬇︎

レオスキャピタルワークスの【ひふみ投信】はTV報道の以前から年6〜8回のスポット買い付けを3年ほど続けていたのでプラス収支ですが、1年ほど前からようやくポートフォリオの偏りに気づいて、上記の3商品や個別株の比率を上げてきました。

ひふみ投信信者からの離脱ね。笑。

レオスキャピタルワークス マイページより⬇︎

先週、ひふみ投信も一部解約して、次のリセッション(景気後退)に備えて、金融部門のCPは約25%で、独身35歳の僕にしては高めのキャッシュポジションになってます。

大家の中居
大家の中居

CPバランスは人それぞれ違いますが、僕の場合は不動産で安定性を確保しているので、金融部門CPは普段は10%位と攻め気味です。笑笑

ちなみに不動産投資は地方ファミリー間取りの満室経営で、修繕費の積立はなしで、大規模修繕が必要になったら地方銀行でリフォームローンを組もうと考えてます。

5年後か10年後に必要になるか不明な修繕費の積立金を寝かしておくのはもったいないと思います。

なぜ?今はCPを上げているの?

大家の中居
大家の中居

次のリセッションが2020年上半期に来るのではと警戒しながら、利益確定しつつ準備中です。

世界最大の経済規模を誇る米国がリセッションに入れば、残りの地域もそれにならう公算が非常に大きい。

米国で過去50年間、ほぼ必ずリセッションにつながってきた逆イールド(3カ月物財務省証券と10年物国債の利回り逆転)の発生に、市場も僕もおびえています。

これからもiDeCoは常に楽天VTIを積立してますし、毎週3つの投資信託の積立も継続しますが、特に12月は気を引き締めましょう。

冬のボーナス出て心に変な余裕出で、以前から興味あった個別株を『まだまだ上がる』と自分に言い聞かせて買ってしまわない様に気をつけましょう。

自分の過去にもありましたが、上昇相場でペースアップして資金投入→高値つかみは初心者あるあるなので。苦笑。

僕はチャイナショックを超える大規模なリセッションを経験していないので、1回味わって、勉強して準備してきた【SPXL】を仕込んでみたい気持ちもあります。

CPバランスと追加投資のタイミングは永遠の課題 (サラリーマン大家の中居)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いつも読んでくれて、ありがとうございます

にほんブログ村ランキングに挑戦中です。

下のボタンを押してもらえると、順位が上がりとても励みになります♬

より多くの人にブログを見てもらえる機会も増えます。

大家の中居
大家の中居

みなさんの1押し、応援よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました