カトパンの自己啓発本!第2弾!

自己啓発本
この記事は約4分で読めます。
大家の中居
大家の中居

こんにちは。サラリーマン大家の中居です

今週は函館→札幌に移動して2泊3日の出張です。

行きたい店リスト↓

スープカレーのサムライ。下北沢、吉祥寺にも進出した名店

ラーメンすみれ🍜 高めのカップ麺で有名

焼肉 すみや 琴似店 ※豚トロ発祥の店

1カ月ほど、ビジネス書を読んでなかったのでカトパンの本【第2弾】を買いました。

会話は、とぎれていい   愛される48のヒント     加藤綾子
大家の中居
大家の中居

カトパンは好き♡♡♡

フジテレビのアナウンサー時代、毎日朝3時起きでハードなお仕事をこなしてたのが、別の業界とはいえ、同じ時間帯に仕事している身として、応援したいのです!

あとカトパンがアトピー性皮膚炎を患っていたのが僕の姉と重なって、食事やら睡眠を気をつけて今の美貌を保っていると思うとキュンとします♡

今回のカトパンの自己啓発本は?

目次は大きく6つのChapterに分かれてます。

Chapter1言葉より大事なもの

Chapter2 なぜ、あの人は愛されるのか

Chapter3「苦手な人がいる」「居場所がない」…困った場面でどう振る舞うか

Chapter4 仕事力を伸ばすコミュニケーション

Chapter5 愛される聞き方

Chapter6 幸せを「見つける力」

中居がチェックした5箇所

自分の「失敗」を楽しく話せる人が愛される(Chapter1)

大家の中居
大家の中居

失敗や苦労話を自分の中でしっかり消化できて良い経験にできている人。

自分の短所や失敗を隠さず笑い話にできる人柄ってステキ。

ショールームの前田裕二さんも採用面接で

自分性格で短所はありますか?

って質問した就活生の答えが

自分の短所は頑張り過ぎちゃう所です。

それって長所じゃね?弱みをさらけ出さずに長所で塗りたくってる→不採用の様です。笑笑。

人と話せる場があることに感謝する(Chapter1)

会話は人生最大のエンターテイメントかもしれません。

そういった場面があることを楽しめて感謝できたら、相手にも伝わりそう。

大家の中居
大家の中居

僕もブログを始めてアウトプットの場があることに感謝してます。

人の失敗を美しくフォローする(Chapter2)

イギリスのヴィクトリア女王の有名な逸話

食事会でフィンガーボウルの使い方を知らない来客が間違ってボウルの水を飲んでしまった時、女王は間違いを指摘しないで同じようにボウルの水を飲みました。

似たケースを思いついて。

大家の中居
大家の中居

ちょっと高めのイタリアンで食事中に女性がフキンを誤って落としてしまったのを気づいてない場合、男性はワザと自分も落としてみましょう!

笑い話になれば女性も恥ずかしい気持ちにならないですよね。

答えがわかっていても「言うべき人に言ってもらう」(Chapter2)

フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんを例に分かっていても自分では言わない。

うんちく持っていても専門家やゲストに言ってもらう。

言うべき人に言ってもらい、雰囲気を良くしてもらう。

これは僕の職場でも若手が先輩のダメ出しするのではなく(人間関係悪化するので)

若手はベテランに相談して、ベテランから先輩に言ってもらう方が、職場の雰囲気が悪くならないのと似てると思いました。

お誘いを断るスキル(Chapter3)

断る時は自分の置かれてる状況を説明して共有してもらう。

『次にお願いされたら断る』と覚悟を持つ

守った時間で何をするのか考えておく

まともに人の話を聞かない人が多い

いやーホントにまともに人の話を聞けない人って多いですよねー。苦笑。

自分の話ばかりする男性。

つまんなそうに話を聞く女性。

普通〇〇でしょう。と自信満々な後輩。他の人の立場に立って考えない人の特徴。

まぁそういう人ほど、カトパンの本みたいなコミュニケーション本を読んだりしないんだろうね。

今日は投稿少し長めになりました。

閲覧ありがとうございます!

良かったらカトパンの本、書店で手にとってください♬

にほんブログ村ランキングに挑戦中です。

下のボタンを押してもらえると、とても励みになります☆彡

自己啓発本
サラリーマン大家の中居をフォローする
プロフィール
27歳で大家になったJRA調教助手
サラリーマン大家の中居

2012年7月不動産投資(貸家、太陽光発電)と投資信託をスタート。
ツイッター、ブログともに1年目です。
楽天VTI/ひふみ投信/配当貴族指数連動F/グローバル3倍3分法Fで毎週ノーロード積立の利回りを検証中。

サラリーマン大家の中居をフォローする
インベスターN@運用ダイアリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました