大家から観たタイナビとは?

この記事は約3分で読めます。

太陽光発電システムの比較サイトとして有名なタイナビ。

事業用太陽光発電所の大家として実際に利用してみた

県内5社からメール連絡ありましたが、1社目はサイト利用当日でしたが、あとは翌日以降で24時間以降でした。

午前中にサイト利用なら、その日中に1回メール連絡欲しいなと思いました。

『カーポートのソーラー設営と平屋の屋根にソーラーパネル載せたい。

見積もりの相手で事業用一棟建ててるので粗利は抑えてもらいたい』と伝えてありました。

結果としては

  • A社はカーポート併用は実績ないので辞退。
  • B社は相場より少し高いので却下。
  • C社は最速の施工日が早くて暇なんだな、安くても後から上乗せは困ると思い却下。安価な理由が合理的に思えなかった。
  • DE社は連絡遅すぎたので信用なしということで却下。

エース級の施工業者とは出会えなかったのが残念でした。

タイナビのセールスポイントを分析してみた

①厳しい審査基準というが。。。

施工実績は問わないのでキャリア浅くても紹介してくる可能性あり。

取り扱いメーカー1社でもよいので、多種多様な屋根形状に合った提案ではないケースもある。

施工業者のシステム保証や雨漏り保証10年は基本になりつつあり他のサイトと五分五分。

比較サイトのトラブルコールセンターも良いですが、施工業者自身が設置してるところのが問い合わせの方が一手間少ないのでスピーディです。施工実績2000棟あればコールセンターを施工会社が設営するのは必然かと。信頼の獲得にもつながりますね。

②しつこい営業がない

僕の場合は諦めも早かった印象。

成約してもサイト側は紹介料をもらわないとうたってますが。

そもそも初期の紹介で1人の利用者に対して5社紹介して各3000円とってるので、成約ならず紹介がたくさん続いたら施工業者はどんどん辛くなりますね。

タイナビ紹介からの成約率が低いとどうしても施工業者の営業職も優先順位下げてしまいますよね。

連絡遅かった業者はそういった理由もあったのかもしれないですね。

(余談ですが、不動産賃貸の営業さんは部屋探しの案内で3案件しか案内しません。たくさん案内するとお客さんが悩んでしまい成約率が下がるからです。)

ペナルティ制度で過度な営業の抑止力になっている点は良いと思います。

③自分で施工業者を選択できる

専門知識がないからサイト利用してる方が多いと思いますので選択できるメリットは少ない?と思います。

④登録業者がオープン

オープンにしてタイナビに加盟する業者が350社いるのでスムーズに施工までというイメージは浮かんできます。

⑤ 訪問見積もりが基本とありますがソーラーパートナーズ利用しても訪問見積もりでした。五分五分ですね。

図面だけで見積もり出されても怖いですよね。

まとめ

サイト利用者の近場で業者紹介してくれるので地元愛の強い方や自分で多くの選択肢5社から選びたい方には向いていると思います。

新聞にやテレビに取り上げられたことはあまり信頼にはならないと思います。裏でお金を回せば取り上げてもらえますから。スポンサーという金主あってのメディアですから。

タイナビもソーラーパートナーズ もメディア掲載あり知名度ありますが、紹介サイトなので、実際に施工する施工業者の積み上げた実績や最新の知識やアフターサービス、フットワークの軽さを重視して選んで欲しい。失敗しないで欲しいと僕は思ってます。

閲覧ありがとうございました!

サラリーマン大家N



太陽光発電
サラリーマン大家の中居をフォローする
プロフィール
27歳で大家になったJRA調教助手
サラリーマン大家の中居

2012年7月不動産投資(貸家、太陽光発電)と投資信託をスタート。
ツイッター、ブログともに1年目です。
楽天VTI/ひふみ投信/配当貴族指数連動F/グローバル3倍3分法Fで毎週ノーロード積立の利回りを検証中。

サラリーマン大家の中居をフォローする
インベスターN@運用ダイアリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました